前へ
次へ

税理士法には税理士の倫理規定があります

税理士は税の専門家ですので、税の仕組みについて精通しています。その知識を悪用して租税回避行為をしてはなりません。明らかな脱税は犯罪行為ですが、節税の域を超えた租税回避行為は、それが明確な犯罪ではなくてもモラルの面で非難されるべき行為です。税理士は自らが租税回避行為をすることはもちろん、他人の租税回避行為の幇助をすることも許されることではありません。そのような行為が発覚すると厳しい懲戒処分を受ける場合があって、そのような倫理規定が税理士法には盛り込まれています。税の専門家であるからこそ、自らは正しい納税をしなければならず、また顧問先等に正しい納税をするように指導しなければならないのは当然のことです。

top用置換

top用置換2
Page Top